にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ読まれた方はランキングにご協力下さいませ><bランキング募金みたいな感じやね・・・(爆

シューリンプ工房商品のお買い求めはこちら

2009年05月31日

えび飼育、役に立つお話??

さて、真面目に記事を書かないと
応援も少なくなりそうなので^^;

色々話は貯めているんです。


今回は飼育から1年を超え
私なりにわかった事を記事にしたいと思います。






大袈裟に書いていますが、色々な情報の中で
どれが一番良いのか判らなくなっているのも事実だと思います。

色々な意見もあると思いますが
私が実際に見て経験した事を書きます。
ショックを受ける方も居るかも知れません。

これだけは言っておきます。

飼育環境・地区による水質・飼育方法の好みがあるので
私個人が体験した事と、他の方の共通点がある物を
今回は書きます。


ソイルに関してですが、私が今まで試したソイルと
組み合わせによる、弊害を皆さんにお知らせします。

まず最初に、私は底面フィルターを外部フィルター直結をメインで
飼育しています。
更に、イオン交換式ROと浄水器も使って水を作っています。

今まで試したソイル

アマゾニアT
アマゾニアU
マスターソイル
レッドビーサンド
コントロソイル
無印ソイル
A&Fソイル
ブルカミアD
セラミックソイル

半分程レッドビーには有名なソイルだと思います。
しかしながら、私の環境下で良かった物は少ないのが現状です。
失敗の原因は、ソイルを組み合わせた事です^^;

組み合わせる事で、良くなかった物は
A&F+アマゾニアT
コントロソイル+アマゾニアT
セラミックソイル+アマゾニアT
アマゾニアT+マスターソイル
コントロソイル+マスターソイル

いずれも水質には問題無い(表面上)のに
原因不明の☆等があり
一部に関しては崩壊までの期間が異常に短い事
一番気掛かりなのは、定評のある
アマゾニアT+マスターソイル
底面との相性かどうか不明ですが
フィルターを付けないでスポンジだけで行った水槽では
アンモニアが3ヶ月経っても5ppm以上続き
バクテリアを追加しても駄目でした。
外部直結にしていた物は安定後
原因不明な☆があり、安心出来ない状態が続きました。
他の組み合わせに至っては、原因不明の☆
えびを入れていて安心出来る状態にならなかったです^^;

まぁ、何でも組み合わせれば良いってもんじゃないって事ですね
試験的に使ってしまった事にも失敗の原因ですね。

単体で使用しても底面Fを使う場合は注意が必要だと思います。
これだけ色々なソイルがあるので迷う事はありますが
繁殖等に使う場合は特に注意が必要だと思いました。

「長期間飼育が出来るソイル」
良くパッケージに書いてありますね^^;
あれも、どう言った条件で長期間なのでしょうか?
全ての条件下で同じな訳が無いですよねぇ
実際の所底面Fを使用した場合1年とされている物であれば
半分の半年
粒が潰れるまでが使用出来る期間?
魚ならともかく・・・えびはデリケートです。
嫌気性バクテリアは酸素がある状態だと硝酸塩を亜硝酸にします。
定着する場所が正しく無いと逆効果になるのですが
正しければ脱窒してくれます。
この循環を妨げているのがソイルではないか?と思う事もあります。
ろ材の種類で関係もあると思いますが・・・
RO使う事でソイルの寿命を縮める事もあります。
吸着効果のあるソイルにはROは逆に吸う事があるからです
全ての吸着ソイルが当てはまる訳ではありませんが
相性があるようです。

そこで私は・・・
立ち上げ時には浄水で、以後は水質管理にROを使う
これで多少の不安要素は消えました。
現在はブルカミアDとレッドビーサンドパウダーで
正直「最初からこれにしとけば良かった」と言う
結果になりました^^;

あと、アンモニア吸着と早期立ち上げの為
水槽内に活性炭を使用しています。
フィルター内には入れません。
定期的に取れる水槽内へと決めました。
余り活性炭は使いたくないのですが
安定するまでの、3ヶ月間は使用しようかな?と思っています。

皆さんもソイルの無闇な組み合わせは止めましょう^^;
それと底面F直結は使用するソイルとの相性があるので
確実に判っている物を選びましょう。

それ以外は底面を使わない通常使用が望ましいと思います。

えび専用ソイルは一部の物を除いて
3ヶ月から6ヶ月で崩壊が来る事を覚えて置いて下さいね。

限界まで汚さない飼育方法であれば1年以上持つと思います。
飼育始めたばかりの人は、かわいさの余り
餌を余分にあげたり、水質管理の為と添加剤を色々入れる傾向が
あるので(自分もそうでした^^;)
崩壊までが早いと思って下さい。
餌を与えないでも、元気にツマツマしているようであれば
1週間に2回程度で問題ありません。

水換えは脱皮の誘発にもなるので(脱卵等の弊害がある)
水質悪化以外で大量の水換えは避けましょう。
亜硝酸はえびにとって最大の毒ですので定期的な測定をお勧めします。
アンモニアは何故書かないかと言うと
水が出来ている状態で亜硝酸が出ると言う事は
アンモニアも出ている事ですので・・・
アンモニアが高い状態は立ち上げ初期だと思うので省きます。
弱酸性下ではアンモニアの毒性は下がり
亜硝酸の方が危険。

どちらにしても
一番のお勧めソイルは使用した中で
底面F直結推奨ソイル
ブルカミアDとレッドビーサンドパウダーが一番です。
抱卵が始まると連続して行きます。

アンモニアと亜硝酸の出方がゆっくりで2週間目付近の
ブレイクポイントを過ぎれば、驚くほど安定します。
ブレイク時点で大量の水換えでも早くに気付けば
☆も少ないと思います。
ブレイクしない事もありますので出なければ良しと言う事で^^;

今回はソイル記事でした。
皆様へ、良いえびライフを♪

まだネタはありますので応援よろしくお願いします。











posted by シュリーンプ at 23:24| Comment(9) | TrackBack(0) | 役に立つお話? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
す、すごいですね。
いつもシューリンプさんの勉強会には、驚くばかりです。例えよいソイル同士を使ってもいい結果が出るとは限らないわけですね。
しかし、たくさんソイル名が出てますけど、その中の滋賀県のショップで見つけたソイルは、アマゾニアTだけです...........。

白いレッドラムズホーン(自称:ホワイトレッドラムズホーンw)の画像乗せておいたので見に来てくださいな。

ではでは
Posted by keita at 2009年06月01日 20:18
こんばんは!はじめまして
いろんなソイルを試してらっしゃるんですね〜。うちの水槽は、実は危険な組み合わせの中に入っていたコントロ+アマゾニアTです。ウチでは1つ目の水槽は上部ろ過+投げ込みフィルター,2つ目の水槽は底面+外部+スポンジです。底面と外部はろ過能力を並列化?させるため直結はしていません(なんとなく、直結すると2の力が1.5くらいになるような気がして(^^;))
まだ立ち上げて4ヶ月ですが、たまに★はありますが、寿命と言っても過言ではない程度です。
そろそろヤバいんですかね!?今後注意して観察していきたいと思います。
Posted by ウルトラゾーン at 2009年06月02日 02:54
Keitaさん
まぁ私が底面直結信者みたいなものなので^^;
直結にしなければ、それ程弊害は出ないと思いますよ。
そう言えば、うちにも白いのとか発生してましたよー

ウルトラゾーンさん
初めまして^^
最初の4ヶ月で1000匹まで行った時のソイル以降
良くも悪くもが続き不調が続いたので
色々試したんですが、逆に迷路に入った感が・・・
組み合わせと底面直結がリセット間隔を
短くしていた様に思えます。

そこで「高い」と思っていたソイルに変更して
色々情報を調べる内に直結すると弊害も出る
ソイルもあると判っただけですが^^;
意外と知られていませんが
エビ用のソイルは一部を除いて
安定するのに3ヶ月
6ヶ月を境に崩壊へ進んで行くらしいです。
爆殖期間は3ヶ月目から5ヶ月目の2ヵ月とも
聞きます。
なので吸着とそうでないソイルを組み合わせ
長期を可能にしているって事だと思います。
TDSで管理する理由のひとつに
ソイルを長持ちさせる為もあると思います。
飼育個体数でリセットまでの期間も変わりますので
半年を目安に見て行くと良いと思います。
底面F直結ではない場合はメンテ次第で
長く持つと思うので、ソイルの潰れで
判断が良いと思いますよ^^



Posted by シューリンプ at 2009年06月02日 13:31
マスターとアマゾニア使用で毎日☆がつづきましたが稚ビーはそだっているので不思議なんです。以前はマスターだけでしてましたがその時の方が増えてました。今度はマスターだけにして一番下に麦飯石と水草用の何とかをひこうかなって思ってます。底面は立ち上がりが早いので好きですが、立ち上がった後はどうなのか悩み中です。
Posted by ビーズ at 2009年06月02日 17:07
ブルカミアDとレッドビーサンドパウダーがいいんですか!
う〜ん次回試してみたいけど
まだコントロの在庫が〜
コントロと合うソイルってなんなんでしょう?(*^_^*)
Posted by もこもこ at 2009年06月02日 18:27
ビーズさん
稚えびは底面しか移動しないので
上部に毒素があった場合ダメージが少ないからだと思います。
試験的に組み合わせを試すのは危険ですので
お勧めはしませんが^^;
底面は直結を推奨しているソイル以外では
やらないほうが良いと思います。
ブルカミアDでもえびには1年が限界だと私は考えています。
吸着系は持たないと思って良いと思います。
爆殖期間は2ヵ月間程度でしょう^^;

もこもこさん
ブルカミアDとレッドビーサンド合わせると
TDSを測ると判るのですが、安定度が凄いんです^^;
底面直結以外で使うのは危険かも?
水換えなしでTDSが下がるのはびっくりしましたよ〜

コントロは合わせない方が良いと思います
底面直結はお勧めしません><
Posted by シューリンプ at 2009年06月02日 21:19
はじめまして(^v^)

ブルカミアDとレッドビーサンド…

うちも最終的にこの組み合わせで安定しました。
でも底面直結にはしていません。
それでも安定しています。


シュリンプ一番サンドで底面直結の時にはブレイクポイントに気がつかず、水槽崩壊も経験しました。

最近ではソイルは推奨されているもの以外組み合わせはしないようにしてます。
レッドビーサンドとブルカミアDはビーシュリンプ飼育に推奨されていますもんね(^v^)

また遊びに来ますm(__)m

Posted by アクアトピック at 2009年06月03日 18:26
アマゾニアが通販で買えなくなってソイル選びに困っている方が多いので、素晴らしい記事だと思います!
しかも、明言を避ける人が多い中、シューリンプさんのように自信を持ってなおかつ商品名もズバリあげて(笑)というのは、困っている人にとってはすごく参考になりますよね〜ヽ(´∀`*)ノ

かくいう自分も、レッドビーサンドオンリー(底面+外掛けの直結)でいい感じに殖えて順調だったのですが、去年から新しく立ち上げる水槽が上手くいきません…

RO水や湧き水を使いだしたからからかなぁ?と思いつつ、今年に入ってから、定評のあるアマゾニアを試してみているのですが、立ち上がりが悪くて難儀しているところに通販で買えなくなるという事態…

ブルカミアDとレッドビーサンドパウダー試してみようかなぁとかなり心揺れましたw
Posted by ちぃくん at 2009年06月04日 17:29
アクアトピックさん
初めまして^^
底面直結以外でも大丈夫なんですね!
定評のある組み合わせは同じ様にしないと駄目ですね^^;
底面直結は濾過能力が上がる分、寿命を短くするので仕方ないですが・・・
底床を想定しているソイルは底面直結に向かない事もあるのが
判っただけでも良かったかなぁと思っています^^;
最近ブルカミアが流行って来ているみたいですね〜
またお越し下さいませ〜
よろしければ相互リンクも是非^^

ちぃくん
良い悪いの評価は多いけど
何が原因でとか底面直結が向かない等
使用する水でもかなり変化があるので
私の環境での結果って言うのは意外と重要?
と思い、記事にする事で
「なんでだろう?」と言う疑問から解消されれば良いな〜
って思ったんですよ^^;
思ったのがアマゾニアは立ち上げ当初には
水洗いして何度か換水するか
種水を使用して1ヶ月様子を見るか
濾過を強化して(サブF等)
立ち上げないと初心者には優しくないソイル
なのかも知れませんね・・・
上手く行っても苔とか苔とか黄色い水とか(爆
他に定評のあるソイルは幾つか知っていますが
私の好みのPHでない事があり
色にこだわって行くとPHも関係している節も・・・
GH・KHとかバクテリアが微妙に関係している気が
しますので。
と言うか単に意地なのかも?
岩系石系の物を水槽に入れずに
自分の添加剤で栄養素吸収させて
さらにPHも6・5辺りをキープしたいなんて・・(爆
その点も記事にしようと企んでるので
お楽しみに、と言うか次に書く・・・
Posted by シューリンプ at 2009年06月05日 00:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120580584
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ読まれた方はランキングにご協力下さいませ><bランキング募金みたいな感じやね・・・(爆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。