にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ読まれた方はランキングにご協力下さいませ><bランキング募金みたいな感じやね・・・(爆

シューリンプ工房商品のお買い求めはこちら

2008年09月22日

恐るべきバクテリアの世界

引き続き、勉強勉強・・・
バクテリアの働きを知ると、驚く事実が見えてきます。
間違った知識や記憶は、飼育にも影響しますので
しっかりと勉強しましょう〜^^




非常に長くなると思いますので、暫しお付き合いを

まず始めに、種類について
非常に多くの水に関連するバクテリアが存在しますが
難しくなるので、重要な点のみ説明します。
アンモニアを分解する菌が硝化菌と呼ばれていますが
細かく分類すると9属12種
全て名前にニトロが付きますw

その前に・・・PHが酸性かアルカリかで性質が変化します。
アンモニアがそのまま水に溶けると非常に毒性が強くなりますが
酸性の水の中に入った場合、アンモニウムイオンに変化します。
これは毒性が低くなった状態とお考え下さい。

そのアンモニアを分解するのが亜硝酸菌ニトロソモナスや
ニトロソコッカス他
硝酸を分解するのがニトロバクターやニトロスピラ等

これ等を総称して硝化菌と呼んでいます。

これを踏まえて・・・・
硝化工程が進むと大量の酸素とアルカリ度を消費して増えて行きます。
ここで重要なのが、実はKH
硝化菌にとってPHは意外と重要で、範囲を超えると活動停止します。
折角増えたのに逆に働かなくなってしまう訳ですね・・・
強い酸化状態でも、硝化作用は起こります。
ニトロバクター、ニトロソモナス以外に、働ける菌です。
数は不明

しかし、9属あるのにKHが低い状態で動かない・・・
これはこれで、微妙な感じがします。。。

なので、前記事でも書いた様にKHは少なからず3〜6dh位は
有った方が良いと思われます。

ちなみに、サンプルの硝化菌はバクターではありません^^

良くパイロットを入れるとありますが、何故入れると良いのでしょうか。
単純な事で、水槽内にアンモニアが無くなると増えないって事です。
水槽内部のアンモニア量に比例して硝化菌は存在しているので
少量のパイロットで水が完成しても、それを超えた生体数を入れると
水質も悪化します。(要するに完成していない状態に戻る)

では、硝化菌は添加として追加しているのにどうなってるの?
死滅している訳ではありませんので(休眠状態)
安心しました?w
乾燥している種菌が水に入ると3時間程で活動を始めます。
良く注意書きされてますね^^

しかし、パイロットが4匹程で(大きさにもよる)
ビーを100匹入れると・・・・
硝化菌は活動しますが、起きている菌が少ない為に
アンモニアの量によっては酸素を大量に使われ
酸欠になる恐れがあるので、水合わせの前の段階でエアレーション
を強めにしておくと
慌てる事も少ないかと思います。

さらに細かく
「亜硝酸菌」
ニトロソモナス属に代表される好気性バクテリア。
アンモニアを酸化して亜硝酸を生成します。
淡水では1日で1分裂
但しアンモニアが無ければ増殖しない

「硝酸菌」
ニトロバクター属に代表される好気性バクテリアです。
亜硝酸を酸化して、硝酸塩を生成します。
淡水では、2日で1分裂。
この増殖速度の違いにより、立ち上げ時は両者のバランスが崩れます。また亜硝酸菌の方が先に発生するため、大量の亜硝酸が生成される時期がある。

代表される菌ですがPHの適正範囲を超えると活動停止。

何度も言いますが、私が配合した菌はバクターではありませんww
活動範囲に制限は無い菌だと思いますが、今度調べておこう・・・

大体大まかに説明しましたが、これで終わりだと思いますか?
次に紹介するのは、これもまた誤解や間違った認識をされている
バクテリアについて・・・

脱窒素菌 です。

通性嫌気性バクテリア
好気性バクテリアなのに、嫌気環境でも生きていける細菌。
3.5時間で1分裂(非常に速いです)

脱窒素工程には酸素が無い状態で活動になりますので
意味が無いとまで言われている菌。。。

でもね、意味が無いのに商品として成り立つのかな?
知られている数は22種です。
この中で、好気性で酸素を消費しないで窒素を出すバクテリアが
存在します。
水草が硝酸等の物質を養分として取り込み窒素分解しますが
底に残留物質が残り沈殿している為に硝化菌等が分解出来ない。
魔の空間

硝化菌の殆どが浮遊菌ってご存知でした?
活動域が上なので沈殿した物まで責任持てないそうですw
それにろ材に定着するまで1年掛かるそうです。
それを聞くと外部式の意味が・・・
まぁ定着と言うより多孔面積が多いので一時的に住んでいる。
と言った感じでしょうか^^;

色々なろ材が出ていますが、ろ材選びは慎重に〜〜

おっと、話が逸れた・・・
今売られている脱窒素菌の殆どは、嫌気性で活動を狙った物ではなく
沈殿性の性質を使った低面のお掃除屋さんとして
売られているのだと思います。

これで終わりですが・・・

これ等のバクテリアは水を循環させた場合
アンモニアが存在すれば自然に発生するバクテリアで御座います。

時間は掛かるけど、身近に存在している環境菌と言えるでしょう。
身近な究極のエコ細菌^^

参考になられましたか?
細かく書けば、非常に読み辛くなってしまうので
要点だけ書かせて頂きました。
参考になられましたら、応援のポチをよろしくお願いしますね^^

次回は「満月・水温?照明時間?季節の・・・・」かも?

posted by シュリーンプ at 05:04| Comment(10) | TrackBack(0) | 淡水飼育のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
勉強になります!
豊富な知識があのサンプルに集約されているのですね。
すごいです〜。

Posted by reditbee at 2008年09月22日 06:32
こんにちは!  シューリンプさんすごすぎ(@_@;)  私の頭の中はグルグル状態ですぅ  
詳しい人が身近(勝手に....)に居られるなんて嬉しいです。
シューリンプ家のラムズ君、すごく働いてくれてます。しつけがいいのですね(^_^)
Posted by ミーコ at 2008年09月22日 10:43
以前に仕事上で細菌等の検査業務に関わっていましたが、環境細菌になると???です。
活動pH領域があること、酸素の有無が影響することは理解できますが・・・。
目に見えないものは難しいです。(笑)
Posted by はがね at 2008年09月22日 12:08
うは、二位になってますよ。

負けないようにがんばってください。

ポチ
Posted by keita at 2008年09月22日 16:32
こんばんは〜
よく勉強されてますね〜
頑張ってください!
Posted by えび之助 at 2008年09月22日 23:36
よく勉強されてますね!
何を読んで?こんなに詳しくなったんですか!?
熱帯魚の参考書には、ここまで書かれてないですよね(>_<)
すごいです♪
ポチッと!!
Posted by さくのえび at 2008年09月22日 23:43
さ・・・・さすがです。
自分には無理です。
何んとなくわかったような・・・・
わからないことがあったらメールします・・・
でも、ポチだけは忘れません。
Posted by いっちゅん at 2008年09月23日 00:33
すごいの一言です。

本当にこれだけのネタ、どこで仕入れてるんですか?

やっぱり勝てません・・・。

ポチ!!
Posted by 21 at 2008年09月23日 00:47
クエン酸回路の途中か外側に似た反応があって、この辺の変換の事は興味を持ちました♪大学でもちょっとかじった分野で、ニトロソコッカスやニトロソモナスは悪者でした(笑)食品専攻なので…でも水槽の中ではいないと困る人たちなのでとても重要ですよね☆目に見えなくても彼らがいてくれるおかげで私達の大好きなビーさんたちも生きていける♪ミクロの世界に感謝です(^^)ポチ♪
Posted by ちーやん at 2008年09月23日 01:50
retitbeeさん
随分前に色々勉強したんんです^^;
私も最初は「バクテリアって何?」でしたw
色々ある菌の中であまり知られていない菌を
探して配合したのです^^

ミーコさん
水質の事を知らないと商品作れないので><
まだ、難しいのね・・・
ラムズ君仕事してますか〜良かった^^

はがねさん
そんな仕事をなさってたんですか!
見えない物だからこそ、働きを知らないと
ビーの場合☆の原因とか見付けて行くのは
大変ですよね・・・それでも判らない事多いですが^^;

keitaさん
2位でしたか^^;
最近押して下さる方が毎日見てる方だけ?w
頑張ります^^ぽちあり〜

えび之助さん
参考になる記事の為に、復習もしました><
頑張ってますw

さくのえびさん
本は読んでないです^^;
河川とか浄水場関連の本なら詳しく載ってるかも?
ネットを見て周り、色々な検索で調べて
正しい物を見付けて集約しました。
自分が疑問に思っている事で答えが見付かったりと
色々ですよ^^
ポチあり^^

いっちゅんさん
判りにくかったです?^^;
メール待ってますww
ポチあり^^

21さん
ネット上で見付けますが、かなりの数あるので
確かな物を見付けて勉強してます^^;
色々種類分けして勉強です!w
勝ち負けは無しで><b
ポチあり^^

ちーやんさん
食品ですかぁ。。。
確かに悪い菌なのかな?
水の分野では良い菌なんですけどねぇ^^;
PH適応範囲は有名菌で5.5〜8.0
外れると活動停止です。
何気に重要なのが脱窒素菌なんですよね^^
ポチあり〜
Posted by シューリンプ at 2008年09月23日 03:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106942475
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ読まれた方はランキングにご協力下さいませ><bランキング募金みたいな感じやね・・・(爆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。