にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ読まれた方はランキングにご協力下さいませ><bランキング募金みたいな感じやね・・・(爆

シューリンプ工房商品のお買い求めはこちら

2008年09月20日

お待たせしましたGHとKHについて

最近勉強に勤しんでおります><





読み返したら、変な部分がありましたので修正しました^^;

さて・・・非常に論議が多くされているGHとKH
GH=総硬度

KH=炭酸塩硬度

まず、KHから
KHは基本的にPHに対して緩衝能力をする事で知られています。
ビー飼育では、KHは低い数値が良いと良く見掛けますね
では、詳しく・・・・
KHが0だった場合水質はどうなるのか?
水質が一気に酸性化します、緩衝能力が無い為
アルカリとの緩衝能力が無くなり酸性化します。
PHが5.0は普通でPH4.0なんて事も・・・
ソイルで良く「緩衝能力でPH安定」とあります。
これはソイルの中に炭酸塩を配合しているのかな?と思います。
しかしKHが高いとアルカリに緩衝能力が働くので
微妙な所ですね^^;

数値的にKHは5辺りかそれより上でも良い感じがします。
KHが低いと酸性化するのに何故低い方が良いのか・・・
低くても良いとは思うのですがソイルの寿命にも関係して来そうですね^^;
これはKHだけ見た場合です。

次にGH
これは色々な場所で情報が違います。。。
これから書く事はGHに対しての知識や見解が変わる可能性があるのでご注意下さい。
総硬度 = 一時硬度 + 永久硬度 = カルシウム硬度 + マグネシウム硬度

色々ありますね^^;
ビー飼育にてGHは低い方が良いと言われています。
ゼオライトを使用する事で0に近づける事は出来ます。
しかし、カルシウム硬度とマグネシウム硬度も無くなり
脱皮不全等の症状が出ます。
しかし、こんな事もあります。
試験液で測ってGHは5なのにPHは8.0
これは一体何故でしょう?
試験液で測れない物質が存在します。
それがアルカリへ・・・ソイル使ってPH8とかありえませんよね^^;
実際ありますwなので下手にレイアウト用の岩等買わない様にしましょう。
話が反れましたが・・・
水道水を使用している場合、地域によって硬度も違います。
我が家の浄水器からの水、GHは3dhでした。
と言う事は、地域によって硬度が違うので
水換え等で水を入れ替えてもそれ以下にはならない事になります。
では、GHの適切な値は?
先程も書きましたが、GHが低くてもアルカリになる事もある
って事です。
岩系の物を入れていなければ(ろ材も含)
GHは気にしなくても、それ程上がる事は無いと思います。
最終的に理想は5〜10の範囲ではないでしょうか?
考えるとキリが無いのですが
総硬度は一時硬度と永久硬度の成分を測っての数値です。
以下、一時硬度と永久硬度は別として考えますね

カルシウムかマグネシウムが少ない状態で
GHが5も有り得ます。。。
「それじゃあ一体どうすれば・・・」ですよね^^;
一番良いのは、やはりROでミネラルとして添加して
調節するマグネシウムとカルシウムを添加して硬度を測れば?
と言う訳です。
なので、水道水や浄水器で飼育している方は
余り気にしないで、水換えを定期的に行い
水道水から補給しましょう。で駄目でしょうか?
実際にGHが高過ぎると、抱卵数の減少脱卵が起きます。
多分10だと半分は脱卵する可能性があります。

低過ぎたら駄目だし、高くても駄目だし・・・
だから、皆さん困るのですよね^^;
なので、鑑賞目的はGH10が限度
繁殖は5付近が良い。

で、結論にしてしまいましたが。
まだ、疑問が残っています。
脱皮不全→カルシウム不足?
変ですね・・・殻の成分はキトサンとキチンな筈・・・
矛盾しているw
実際はどちらも必要です。
さらにマグネシウムも必要
バランスが大事なんでしょうねぇ

実は、サンプルで出したサプリ
キトサンとキチンと炭酸カルシウムが入っていますよね
キトサンは酸性系でカルシウムはアルカリ
カルシウムの方が率は高いのですが
PHは途中で相殺されます^^

色揚げサプリの商品で細かく表記されていないのは
上記で書いたカルシウムが無くてもGHは上がるって事で
必要な成分だからカルシウムだけでGHが上がっても
問題無いとしてるからでは無いでしょうか?

とにかくROでカルシウムとマグネシウムを添加して
GHを調整すればRO(超軟水)と必須ミネラルで
理想の環境になる。って事でしょうか?^^
↑に関しては半分妄想が含まれておりますw
今度ROを使いますので
結果は報告を致しますノシ

次回は恐るべきバクテリアの世界(なんちてw
posted by シュリーンプ at 01:08| Comment(13) | TrackBack(0) | 淡水飼育のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
GHとKH…難しいですね(´д`;)
違いが気にはなっていたけれど難しい…う〜ん…
難しさにポチッと(爆)
Posted by ちーやん at 2008年09月20日 01:48
う〜ん、難しい話ですね・・・

きにしなくても成功してる方もいて、気をつかっても失敗する方も…

う〜んビーはやっぱり難しいですね^^;
Posted by まめじー at 2008年09月20日 10:48
我家の水道水は以前に測定したらGH、KH共にほとんど無かったような結果でした。
現在はテトラKHを使用して補っています。

それでも水槽測るといつも1-2くらいです。

ある程度緩衝作用があった方がよいと考えていたのですが、間違ってるんですかねー?

ところで、送付頂いたサンプルの件なのですが、どのくらいのサイズでしたか?
本日時点でまだ受け取れておらず、家族に確認したのですがそれらしいものは無かったようです。
サイズ分かれば改めて探してみます。
Posted by はがね at 2008年09月20日 12:30
こんにちは!!
GHは気にしてますけどKHはまったく気にしたことがありません。
PHよりGHが大事だと思ってましたので。
ちなみにうちのGHは4でした。
でもやっぱりシューリンプさんのブログ・・・

すごいためになります。いつもありがとうございます。
Posted by いっちゅん at 2008年09月20日 13:22
難し過ぎて頭パニックですROって何?って思い()で軟水と書いてあったのでホッとしました。水は難しいですね。
Posted by ちっち at 2008年09月20日 15:05
こんばんは^^
ご連絡が遅れましたが、サンプル届いております。
色揚げ用サンプルについては長期戦となりそうなので、後日報告させて頂きますね!!
Posted by kazu10 at 2008年09月20日 21:33
すごいですね!
よく調べてありますね♪
自分は全くの無知なんで、いつも勉強になりますヽ(^。^)ノ
飼育で困ったときは、相談お願いしますね♪
毎度の驚きにポチッと(~o~)
Posted by さくのえび at 2008年09月20日 21:35
ちーやんさん
殆ど気にしないで飼育されている方が
殆どですから定期的に水換えをしていれば
特に気にする事もないのですが
地域によって硬度が違うので場所によっては
下げないと駄目な場合もありますね^^;
ポチあり^^

まめじーさん
GHKH放置で成功するかた、しない方
これって地域の水の関係が強いかも知れません。
あとは全てのシステムが合致しての結果とか
気にする人であればROが良いのかな?って思います。
細かい所は気にしなくて良いと思いますよ〜
脱卵が多い時はGHの可能性が高いですね

はがねさん
私もKHは緩衝作用として有効だと思っています。
酸性化は水合わせ等で苦労の原因でもありますし
届いてませんか??
事故の可能性もあるので、また送りますね〜
(もしかしたら、配送漏れ・・・Orz)
お待たせして申し訳ありません><

いっちゅんさん
まぁKHは・・・ですねw
でも、無いとPHが酸性化し過ぎるので
適応範囲超えますね^^;
1から2あれば大丈夫かな?
うちも1.5でしたしw
GH4ですか^^問題ないですね〜
しかし、うちでは2つの水槽でかなり違います・・・
メインGH4絶好調GH8
この差は一体・・・モンモリとかのせいかな
知っておいた方が良いかな?って事をこれからも
書いていきますよ^^

ちっちさん
ごめんなさいね^^;
少しむずかしかったかも知れません。。。
RO=逆浸透膜浄水(純水)

随分前から飲料用としても使われています。
海水を真水にして飲料用にしたのが最初ですね
(それだけではありませんが^^;)
不純物を限界まで取り除いた水がROって事です。
なので、純水や超軟水とも呼ばれています。
Posted by シューリンプ at 2008年09月20日 22:10
気にしていない振りをしつつ(?)実は測定キットを持っていたりします(笑)
ただ、宮崎は水道水の水質が元々、硬度が低くpHも弱酸性なので比較的ビーさん達には適した水質なようです♪
ミロネクトンや添加剤、そしてシューリンプさんのサプリで少し硬度を上げるように調節してあげれば、十分な恵まれた水が水道から得られる宮崎県でした(^^)

ポチッと応援です♪
Posted by ちーやん at 2008年09月21日 00:42
PHとGHは、気にしている方です。
気のせいかもしれないけど、
GHの値が低くなってから?
エビがあまり脱皮しなくなってしましまいした。
水の中にはいろんな成分が入っていて、
それがどの値でエビにとって良いのか
難しいものですね!
ポチっと!!
Posted by at 2008年09月21日 10:37
こんばんは!

やっぱりシューリンプさんはすごいです。

勉強になります(あんまり理解できて無いかも知れませんが・・・)

うちは、稚ビーの生存率が低いのですが、それもGHとかKHに関係しているのかもしれません・・・。

ポチッと。
Posted by 21 at 2008年09月22日 01:14
こんばんは♪ポチにまいりました(^^)
Posted by ちーやん at 2008年09月22日 01:24
ちーやんさん
試験液あるんですか〜
にしても、水道が弱酸性って初めてです><
そんな地域があったのか・・・
2度ポチあり〜^^

21さん
書いている自分も書いた後に「あれ?」
って事があるので、記事にすると結構大変w
今考えている事は
原因不明の☆が出る理由です。
生存率は自分の中で整理して出来上がった感じです。
ポチあり^^
Posted by シューリンプ at 2008年09月22日 03:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106839377
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ読まれた方はランキングにご協力下さいませ><bランキング募金みたいな感じやね・・・(爆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。